凍結精液は、-196℃の液体窒素中に保存するため、半永久的にその性状が維持されます。凍結精液の作製法には、錠剤法とストロー法があります。また、海外から輸入した凍結精液の保管も承ります。

 

錠剤法

錠剤法は、精液を希釈液で希釈して、ドライアイス上の窪みに滴下して作製します。錠剤精液は、バイアルビンに納めて液体窒素中に保存します。

ドライアイス上の錠剤精液

輸送用ドライシッパー

保管用液体窒素タンク

ストロー法

ストロー法では、精液を錠剤法と同様に希釈してストロー精液管0.5mlに注入し、液体窒素蒸気に一定時間暴露した後、液体窒素中に投入して作製します。

精液低温処理装置

ストロー精液管(0.5ml)

ストローへの精液注入

ストロー精液の保管

保管料金

犬凍結精液保管料: 年間 21,600円(税込)/月間 3,780円(税込)
※保管料のほか、犬凍結精液保管サービス保証金として20,000円(税込)をお預かりいたします。

ご希望の方はまずお電話かメールでお問い合わせ下さい。

TEL:03-5256-4111

メールでのお問い合わせ

サービス利用規約