黄体ホルモンの測定機(アークレイ社 スポットケムバイダス)

Bio Artでは、犬の交配適期を血中黄体ホルモンを測定することによって判定可能です。

犬の排卵は、発情出血開始から8-15日(平均11日)(※1)に認められます。卵子は他の哺乳動物と異なり、未熟な状態で排卵され、卵管を下降しながら2.5日後に成熟し受精能を獲得します(※2)。このため、犬の交配適期は、排卵後2〜4日です(※3)。犬の排卵日は血中黄体ホルモンの測定によって判定することができます(※4)
 (※1~4)については下図をご参照下さい。

犬の発情出血開始から排卵までの日数(※1)

犬および猫の卵子形成模式図(※2)

犬の交配適期(※3)

犬の排卵前後の血中黄体ホルモンとLHの推移のグラフ(※4)

 

検査料金

1検体 3,240円(税込)

検査ご希望の方はまずお電話かメールでお問い合わせ下さい。

TEL:03-5256-4111
メールでのお問い合わせ
サービス利用規約